新築の一戸建てを注文住宅でと考えてる方へ


私が、家を建てる際に重要視したことは、大きく分けて2つあります。ひとつめが、誕生日や祖父母のお祝い事などパーティーをする際に皆が集まることができるような家であること、2つ目が、1日1回は家族全員が顔を合わせて食事をする、出来なくても顔を合わせることができるような人の流れが出来るような家になることでした。神戸の注文住宅の施工例を参考にしました。

私が、家を建てる際に重要視したことを実現させるために行ったことは2つあります。ひとつめは、大きなリビングダイニングを作ることです。ふたつめですが、我が家は3階建てで2階にリビングダイニングがあり、寝室が3階にあるのですが、3階への階段は2階のリビングダイニングを通らないと行くことができないようにしており、子供たちが外出したり1階のお風呂場、1,2階のトイレに行くには2階を通らなければいけないような構造にすることで、1日1回は顔を合わせることになるようにしました。

一生モノの買い物ですので、出来ることならば全ての理想を実現したいと思うのが普通ですが、難しいことがほとんどだと思いますので、最低限これだけはというポイントを家族で事前に決めてから購入を検討したらよいかと思います。

妻がたまたま地域活動の集まりで建築家の方と知り合う機会があり、その方の家に対する思い入れや考え方に共感できるところがあったので、設計と監理をお願いしました。

家族が楽しく健康でいられるというコンセプトで設計をお願いしましたが、それを具体的に実現してもらえました。例えば、二階の部屋には一階のリビングが見える窓があって、二階の部屋とリビングとの繋がりが感じられます。
住んでみて気がつく良さや感じられる良さがたくさんあります。例えば、家の中の引き戸は、扉を上から吊す方法で、バリアフリーなっていて段差がありません。窓は東側と西側、北側と南側というように対になっているので、開けると風の通り道ができるようになっています。いろいろな場面で説明はあったと思いますが、住んでみて実感できる事で、家での生活に楽しさがあります。
注文住宅は、建売住宅に比べて、コンセプトや家への想いを伝える事で、それぞれの家庭にあった、プロならではアドバイスを貰えたり、それを具体的に実現して貰えたりするのが良い店だと思います。その分、頼む相手の方とのコミュニケーションがとても重要なので、コミュニケーションを取りやすい方にお願いする事も重要だと思います。

将来的に2階は必要なくなるので、リビング吹き抜けのロフト付きの平屋にした。リビングを通らないと各部屋に行けない間取りにしてあるので、必ず家族が顔を合わせるように自分で間取りを作成した。建て始まるまでに2年かかったけれど、場所、土地の形、家の形や間取りなど、変えられないものは妥協をせずに慎重に選んで正解だったなと思う。

4社以上の工務店と打ち合わせをして、自分の理想をしっかりと理解してくれて実行してくれる工務店を選んだ。妥協ができない性格なので、細かい部分にもこだわってほぼ100%自由設計で自分の希望を組み込んでもらえたので、100%に近いくらい満足な家が出来上がった。アパートと違ってずっと住む場所なので、慎重に計画してよかったと思う。

シーリングからスイッチまで細かいところまで自分たちで探して購入したものをつけてもらいました。

人生で1度の大きな買い物なので、妥協をしないでほしい。価格が高く自分の理想がかなえられなそうな時はブランド社にこだわらず、自分の理想の家を手ごろな価格で立ててくれる業者を探した方が絶対に後悔しないと思う。構造などがしっかりしている業者なら問題ない。

お家の見直ししま専科
オーディオ
工務店向け集客ノウハウ
お小遣いNET
家計見直しクラブ